PARUFY(パルフィー)ファンデーションの副作用

PARUFYファンデーションの成分の特徴と副作用の危険性を解析

解析のイメージ

 

この記事では、PARUFY(パルフィー)エモーショナルファンデーションの副作用について解説します。

 

PARUFY(パルフィー)ファンデーションに含まれている主成分の特徴とその副作用危険度を一覧でまとめました。

 

結論から言うと、PARUFY(パルフィー)ファンデーションは非常に安全性が高いです。

 

それでも、主な配合成分が気になるあなたは、この記事をしっかり読んでみて下さい!

 

成分 特徴 副作用の危険性
コラーゲン 保湿成分。不足するとシミ、シワ、たるみ、皮膚のかさつきなどを引き起こす。アンチエイジングやハリ・弾力を取り戻すのにも効果的。
ナイアシンアミド 保湿成分。血行促進や肌荒れ改善に効果的。メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白効果も期待できる。 ★★

(血管拡張作用があるので、皮膚が赤くなる、ほてるなどの可能性がある。)

イソノナン酸イソトリデシル 保湿成分。油性感が少ない&伸びも良く、薄く広がる性質に優れているので、滑らかな感触を与えてくれる。
ヒアルロン酸 保湿成分。肌に弾力を与える。油分とは異なるしっとりとした質感を引き出してくれる。
(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー 弾力性のある真球状のパウダー。伸びが良く、サラッとした使用感を与えてくれる。
シリカ 球状粉体で、毛穴やシワなどの溝を埋めてお肌を均一にすることで、光も均一に反射させ、シワや毛穴を目立ちにくくしてくれる。

 

副作用の危険性:当サイト独自の基準で判断

 

PARUFY(パルフィー)エモーショナルファンデーションに含まれている主な成分の特徴と、その副作用の危険性を一覧でまとめました。

 

PARUFY(パルフィー)ファンデーションには、副作用の危険性が高い成分は使われていません!

 

むしろ、肌表面に皮膜を作り、

 

  • 花粉
  • 乾燥
  • ハウスダスト
  • PM2.5
  • 紫外線

 

といった外的刺激からお肌を守ってくれます。

 

また、容器もエアレス容器が採用されていて、中身が外部の空気と接触しない構造になっています。

 

なので、雑菌などの汚染を防ぎ、衛生的に使えるようになっているんです。

 

つまり、PARUFY(パルフィー)エモーショナルファンデーションは、安全性への信頼度が非常に高いと言えるでしょう!

 

安心して使えるファンデーションを探しているあなたは、PARUFY(パルフィー)ファンデーションを是非試してみて下さいね。

 

>>PARUFY(パルフィー)ファンデーションの口コミ@効果のまとめ

トップへ戻る